スリムビューティハウス 【痛】 初回で1kg減の効果。。。Mキューブは、、、

スポンサードリンク

骨盤が歪むとなぜ太るのか

ilm16_cd06038-s.jpg骨盤が歪むとなぜ太ってしまうのでしょうか。

どんなにダイエットしても痩せない、という人はまずは骨盤をきちんと正しい位置に戻すことがダイエットの近道と言えます。

骨盤が歪んでしまうと正しい位置に骨盤がなくなり空洞ができてしまうので、その場所を埋めようと脂肪がついてしまいます。

また、骨盤が歪むと内臓を支えることができなくなり、そのため内臓が下がってしまうので内臓の機能が低下してしまいます。代謝や排泄機能まで低下してしまうので便秘の原因になります。

骨盤が歪んで内臓の神経を圧迫してしまうことで、満腹感を感じるのが鈍くなり、大食いになってしまったり、だらだらといつまでも食べ続けてしまうことで肥満になりやすくなります。

骨盤が歪むと骨盤を支えようと周りの筋肉が硬くなり、そのため血行が悪くなり下半身に溜まった水分や血液を上手に巡らせることができなくなります。そのため、リンパの流れが悪くなって老廃物を出せなくなってしまうんです。

老廃物を出せなくなると下半身むくんだり冷えてしまうので、ウエストから下が太りやすくなってしまいます。太りやすくなるだけでなく、骨盤が歪むと冷え症、生理痛、生理不順、肩こり、腰痛など体の不調につながります。

骨盤の歪みを直せして骨盤周りの筋肉を鍛えることで代謝も上がり、血流も良くなります。するとぽっこりお腹はスッキリ、きれいなくびれもできてお尻も小さくなり、綺麗な体のラインになり、痩せやすい体を手に入れることができます。

スポンサードリンク

Topics

フィード