スリムビューティハウス 【痛】 初回で1kg減の効果。。。Mキューブは、、、

スポンサードリンク

骨盤とインナーマッスルの関係

ilm19_ac01031-s.jpg最近は骨盤ダイエットが話題になっていますが、その時によく耳にするのが「インナーマッスル」です。

骨盤とインナーマッスルはどんな関係があるのでしょうか。

まずは骨盤についてですが、骨盤は腸などの内臓、子宮などの生殖器を守っている骨のことです。

仙骨・腸骨・坐骨・恥骨・尾骨で出来ていて、姿勢を保ったり、上体と下肢を繋いでいる体にとって土台になっている部分です。骨盤を支えている周りの筋肉や靭帯が緩むと骨盤が開いたりずれて固まってしまいます。

骨盤が緩むとどうなるのでしょうか。

骨盤は体の中心となり体全体を支えているので、体全体が歪んでしまいます。また、骨盤は内臓や生殖器を守る役割があるので、内臓を圧迫してしまいます。

女性の生理痛も骨盤の歪みと関係があるんです。

出産するとよく骨盤が開く、と聞きますが、出産が近づくとホルモンの影響で骨盤のつなぎ目の靭帯が伸びます。すると骨盤が開くので、産後にきちんと骨盤を閉めて戻しておかないと、産後太りの原因になってしまうんですね。

次にインナーマッスルですが、インナーマッスルは骨盤を支えている筋肉のことです。

インナーマッスルの筋力が落ちると骨盤が歪み、太りやすくなってしまうんです。逆にインナーマッスルを鍛えることで脂肪を燃焼しやすくなり、痩せやすい体を作ることができます。

インナーマッスルは骨盤を支えるために必要な筋肉。骨盤とインナーマッスルが密接な関係にあることがわかりますね。

スポンサードリンク

Topics

フィード