スリムビューティハウス 【痛】 初回で1kg減の効果。。。Mキューブは、、、

スポンサードリンク

骨盤の歪みがボディラインに与える影響

骨盤がゆがむと、ボディラインにどんな影響を与えるのでしょう。
骨盤のゆがみは、具体的にこういった症状を引き起こします。

1、顔のゆがみ
骨盤と連動している後頭骨がずれると、顔の左右にある側頭骨が外側に張り出します。顔の骨格がずれることによって歯のかみ合わせにも影響が出て、顔がゆがんでしまうという悪循環に。

2、バストが小さく
バストを下げる原因となる、ねこ背。実はこのねこ背も、骨盤の開きによって起きる体のゆがみのひとつです。

3、垂れたおしり
おしりが年齢とともに大きくなるのは、加齢による筋力の低下だからしかたがないと思われがちですが、実は骨盤の開きが、横広がりでダランとたれたおしりをつくる要因なのです。

4、見栄えの悪い脚
骨盤~股関節、大腿骨のゆがみは、O脚やX脚と呼ばれる形に脚をゆがませ、さらに筋肉のつき方までバランスの悪いものに。

5、顔のむくみ
頭蓋骨の後頭部にある「後頭骨」という骨は骨盤と連動していて、呼吸による骨盤の動きと同時に、微妙に動いています。骨盤がゆがむと、この後頭骨の動きが悪くなって首や顔全体の筋肉がこわばり、顔のむくみの原因となってしまいます。

6、たぷたぷの二の腕
骨盤がゆがんで、ねこ背になると、腕もスムーズに動かしにくくなります。そして、しだいに二の腕に余分な脂肪がつき、タプタプの二の腕となってしまいます。

7、ぽっこりお腹
S字形の背骨が、骨盤のゆがみが原因で曲がってしまうと、体は背中側の筋肉を緊張させて、ゆがみをカバーしようとします。すると、逆側のおなか側は緊張をゆるめることでバランスをとろうとするため、おなかがポッコリとふくらんでしまいます。

8、太りやすい体質
骨盤には、体の中心部で内臓を支えるというたいせつな役割があります。ところが骨盤がゆがんで開いてしまうと、この内臓が下がり、胃まで下がってしまいます。そうなると消化器官がきちんと働かず、太る体質ができ上がってしまうのです。


骨盤の歪みが下半身太りに繋がる

骨盤のゆがみがウエスト・ヒップのサイズ、下半身太りにつながる?

骨盤がゆがんで骨盤が開いた状態のままになると、ヒップは横に広がって四角くなります。 こうなるとウエスト・ヒップはボテッとして、太くなります。

すると、O脚にもなります。重心が外側にあるO脚の場合、太ももの内側の筋肉が衰えてしまい、それを補うために脂肪がついて下半身太りになってしまいます。

こういった原理から、骨盤のゆがみはウエスト・ヒップのサイズアップにつながり、それが下半身太りにつながるのです。

スポンサードリンク

Topics

フィード